山本陽子さん「薄利多賣半兵ヱ金沢片町店」の前で・・・

テレビ朝日の旅番組、2月5日放送の「旅の香り」で女優の山本陽子さんが「薄利多賣半兵ヱ金沢片町店」に立ち寄った様子が放送されました。

 テレビ朝日の旅番組、2月5日放送の「旅の香り」で女優の山本陽子さんが「薄利多賣半兵ヱ金沢片町店」に立ち寄った様子が放送されました。

 山本陽子さんは昭和38年に日活の第7期ニューフェースとして芸能界入り。39年にそのたぐいまれな美貌を買われ、高橋英樹主演の「拳銃の歌」のヒロインに抜擢、映画デビューしました。数々の映画・舞台・TVドラマで活躍する屈指の名女優です。

 番組では「加賀百万石の冬味」というコーナーで、山本陽子さんが金沢の街を歩き、目に付いた所に立ち寄るという設定で進められました。

 山本陽子さんが金沢の街を歩いていると、ふと目に付いた居酒屋がありました。「薄利多賣半兵ヱ金沢片町店」です。薄利多賣半兵ヱはお店の入り口の上部に昔の映画のポスターが飾られています。山本陽子さんが立ち寄ったその金沢片町店に飾られていたのは、なんと山本さんご本人が載っている昭和45年上映の映画「新宿の女」のポスターでした。それを見上げて懐かしむ山本陽子さん。情緒あふれる金沢の街並みと大女優の山本陽子さん、これほどぴったりマッチする光景はめったにお目にかかれません。収録が終わったあとも薄利多賣半兵ヱのスタッフに気軽に声をかけていただいて「新宿の女」当時を懐かしみ、思い出話をしてくださいました。笑顔が素敵で心優しい山本陽子さんはほんとに絵になる女優さんでした。